「お金をかけずに」暑さを乗り切る10の方法

うれシーサー♪さんによる写真ACからの写真

何もしなくとも汗が噴き出る夏。暑さ対策をどのようにされていますか。部屋には幸いクーラーも扇風機もありますが、さすがに付けっ放しは家計にもよくない。ということで、お金をかけずに手軽にできる、暑さを乗り切る方法を見つけましたので紹介したいと思います。

■ 部屋の中を快適にする

打ち水

昔ながらの方法として知られるのが、打ち水をすること。自宅のベランダや庭などに水をまくことで、熱を下げることができます。 

とくに朝夕の温度の低い時間帯、日陰に打ち水をすると、比較的涼しい状態をキープしやすくなるそう。1日に何度か打ち水をすることで、体感温度を下げることができますよ。

換気、扇風機、遮光

暑いときはついエアコン頼みになってしまいがちですが、そんなときこそ節約冷房。外出先から帰宅してすぐエアコンのスイッチを入れずに、まずは窓を開けて換気をしましょう。部屋にこもった熱気が下がるので、それからエアコンを稼働させるほうがおトクです。 
なかなか面倒でやらないんですが、試したところ、涼しくなるのが早い気がするので、節約にもなってる気がしますね。

また、エアコンの冷房運転は高めの温度設定で、扇風機を併用して冷気をうまく循環させましょう。両方と思いがちですが、冷気がよく回るので、人数がいる部屋はこれが一番いいようです。エアコンのフィルターが汚れていると風を通しにくくなるので、こまめにおそうじすることもお忘れなく。 

さらに、遮光するのもポイントです。部屋にいるときはカーテンを閉めて、外からの日差しを遮断すると効果的。遮光カーテンやすだれなどを利用するのもいいですね。外出するときも、家中のカーテンを閉めて出かけるだけで、部屋にこもる熱を下げることができます。

冷凍ペットボトル

寝るときは、凍らせたペットボトルを布団のそばにおいて置くだけでも、涼しさがアップしますよ。これおすすめですね。結露で水滴が出るので、受け皿必須です。

■ 自分の体を冷やす

保冷剤

ケーキなどを買うとついてくる保冷剤は、捨てないで活用したいところ。凍らせた保冷剤はタオルに巻いて、首やわきなどにあてるとヒンヤリ涼しくなります。 

保冷剤がない場合、タオルを濡らして冷凍庫で冷やし、凍らせたタオルを体にあてるのも効果的。タオルを凍らせるときは、ファスナー付きの保存袋やビニール袋に入れておくと、冷凍庫からそのまま取り出して使用してもとけて水が落ちる心配もありません。 

バケツ&洗面器

水風呂や冷たいシャワーを浴びると快適になりますが、バケツや洗面器に氷と水をいれて、足もとを冷やすのもいいですよ。この氷水にミントオイルでもたらせば、リラックス効果も抜群。 

そこまで用意できない職場などでは、霧吹きで顔や首に水を吹きかけるだけでも、サッパリします。メイクを落としたくないときは、頭や生え際などの髪を濡らしてみるだけでもスッキリ。

服の素材 

着る服も、麻やコットンのように通気性のよいもの、吸水性のある素材などを選ぶのもポイントです。また、できる場所は限られますが、服や靴下を濡らしてよくしぼってから、そのまま着て過ごすのも効果的。自転車に乗ったり、動いたりしても、風があたると涼しくなる裏技といえそう。 

冷凍シーツ&パジャマ 

寝るときは、ファスナー付きの保存袋などにシーツやパジャマを入れて、しばらく冷凍庫で凍らせておくと、冷たい寝具で熱帯夜も乗り越えられそう。わが家も冷凍シーツを実行しましたが、ほんの数時間冷凍庫に入れるだけで、けっこうすぐに冷たくなりますよ。

■ 適切な水分補給をする

ノンカフェイン

暑い日は汗をかきやすく、体から水分が失われてしまうため、こまめに水分補給をしたいものです。その際、できれば水や麦茶などのノンカフェインの飲み物がたくさんとれるといいですね。 

お茶でも緑茶やアイスコーヒーなどはカフェインが入っていますし、お酒なども利尿作用がはたらき、せっかく取り入れた水分をすぐに排出してしまう飲み物です。 

また、スポーツドリンクやジュースの飲みすぎは、糖分の取りすぎになってしまうことも。水やノンカフェイン以外の飲み物を飲む場合は、飲みすぎには気をつけましょう。 

外出時

外出時の水分補給は、コンパクトなタイプの水筒やペットボトルを持ち歩き、喉が渇く前に飲むようにすると、常にのども体もうるおいます。持ち運び用には、少し凍らせたペットボトルを持っておくと冷たさを持続させることも可能ですし、保冷剤がわりにもなりますよ。 

補給のタイミング

自宅にいるときは、お風呂に入る前と後、トイレに行くたびに水分補給をするといいですね。寝ている間にも汗をかいているので、起床時にも水分補給しておくと安心です。 

今回ご紹介したのは、お金をかけなくてもすぐにできる暑さ対策ですから、どれか気になる方法があったら、ぜひ試してみてくださいね。