危険な熱帯夜にやってはいけない睡眠方法

ジュニパーベリーさんによる写真ACからの写真

これから蒸し蒸し暑い熱帯夜がやってきます。東日本や西日本はなりつつあるかもしれません。昼間の暑さでだるい身体。疲れもなかなか取れない。食欲がなくなって。夏バテ気味の方もいると思います。せめて夜ぐらいゆっくり眠りたいですよね。

北に住んでる私は、それほど熱帯夜というのは、夏の間には何回かくらいしかなりませんが、毎日続くと確かに嫌にもなりますね。真夏に遊びに行った友人宅で泊まった時。とてもではないですがエアコンなしには寝れず、朝起きての温度計が35度を表示していたのには、びっくりしました。

どこへ行っても暑い。真夏には行きたくないなと思っていたこともありました。

そんな暑さをしのぐため、快眠グッズはいろいろありますし、工夫されている人もいます。しかし意外と多くの人が間違った使い方をしていて、快眠に至っていない人も中にはいると思います。

●健康のためにエアコンを切って眠る。
●扇風機を首振りを固定で使っている。

良さそうには思えますが、実は改善されていない。むしろ逆に悪いことになります。

「エアコンを切って眠る」と睡眠の質が下がる

タイマーをかけて寝ることはありますが、切れたころに目がさめることはよくありますね。熱帯夜の場合は、一晩中つけるのがいいようです。
「室温26度以下、湿度50%前後に保つ」
これが快眠の環境のようです。

部屋の中も暑いことがあるので、寝る30分前からつけておいたほうが、快適に眠れるようです。

「経済的な面や、節電を考えると、一晩中エアコンをつけておくのはイヤだな」と思う方は、眠ってから3時間ほどと、目覚める前の30分~1時間くらいにエアコンがつくように設定することをおすすめします。

夏の朝には暑さのため、予定の起床時刻より早く目覚めることがあります。これが繰り返されると、睡眠不足で体力を消耗してしまいます。目覚める少し前から寝室を涼しくしておくと、熱帯夜でもスッキリ目覚められます。そのため、目覚める前の30分~1時間くらいにエアコンがつくように設定しておきましょう。 

寝ついてからのしばらく、あるいは目覚める前のどちらか一方にだけエアコンを使うなら、眠るときにだけつけておくのが健康的です。そのほうが、睡眠の質が良くなるからです。 

目覚める前の時間帯には、夢を見て体を休息させるレム睡眠が多くなります。レム睡眠では脳の働きが活発になっているので、ノンレム睡眠に比べて自分の力で体温調整をしやすくなります。また、体温のリズムから見ても、早朝には少しずつ体温が上がってきたほうが、目覚めやすくなります。 

さらに、睡眠の前半でたくさんの汗をかいていると、エアコンの冷気でそれが冷やされて体温が下がり過ぎ、睡眠の質が悪くなったり風邪をひきやくなったりします。ですから、睡眠の始めか終わりかのどちらか一方なら、眠り始めにエアコンを使うのが良い、ということです。 

「扇風機のそのまま使用」は、こむら返りや倦怠感を招く

扇風機を何となくそのまま固定で使用している場合、「首振り機能」を必ず使うようにしましょう。 

エアコンに比べて扇風機の消費電力は、20分の1程度の少なさです。同じ室温でも秒速1メートルの風が吹くと、体感温度が1度も下がります。ですから、熱帯夜は節電のためにも、扇風機を上手に使うことが求められています。 

睡眠の前半に体温が下がらないと、睡眠の質が悪くなります。熱帯夜に寝苦しいのは、体温が十分に下がらないことが原因のひとつです。暑い夜には、体温を下げようとして汗をかきます。汗が蒸発するときに、体の表面から気化熱が奪われて、体温が下がるからです。適度な扇風機の風は、汗の蒸発を助けて体温を下げ、良い眠りに導いてくれます。 

ほとんどの扇風機には、「首振り機能」が備わっています。眠るときにはこの首振り機能を、きちんと使うようにしましょう。首振りせずに扇風機を使うと、体の1カ所だけに風が当たり、冷え過ぎてしまいます。筋肉が冷え過ぎると、夜中にこむら返りやケイレンが起こったり、目覚めた後にだるさや倦怠(けんたい)感を感じたりします。 

もし、首を振らせることができない扇風機を使っているなら、弱い風を頭だけに当てるようにしましょう。睡眠の目的の1つが、脳のクールダウンです。そのために頭部の皮膚を通して脳を冷やすというのは、理にかなっています。実験でも、頭を集中的に冷やすことで、睡眠が改善することが分かっています。 

扇風機の首を振らせながら風を体に当てても、体の片側だけに風が当たり、不均一な冷やし方になる恐れがあります。 

理想的には、体に直接風を当てず体の上空に風を送って、空気をかき混ぜるようにすると、体への負担が少なくなります。はじめは物足りない感じがしますが、しばらくすると弱いながらも風を感じることができるはずです。 

最近では左右だけでなく、上下方向にも首を振れる扇風機もありますから、この機能も十分に活用してみてください。 

タイマーの使い方も大切です。寝ついてから3時間は扇風機が回っているようにセットしてください。 

最近の扇風機では、一度、電源が切れた後にもう一度スイッチを入れられるものもあります。これが使えるなら、寝ついてからの3時間と、目覚める前の30分~1時間に扇風機が回るようにセットすると、目覚めもスッキリします。

この夏は暑くもなりそうですので、エアコンや扇風機は使うかと思います。節電ということも頭によぎりますが、健康が一番。最悪危険な状態にもなりかねません。 快適な環境を作ってこの夏を乗り切りましょう。